両眼解放屈折検査

-スポンサードリンク-

両眼解放屈折検査記事一覧

1.両眼開放屈折検査

1.両眼開放屈折検査両眼開放屈折検査を説明する前に、片眼遮蔽屈折検査について書いておきます。1-1.片眼遮蔽屈折検査ほとんどの眼鏡屋または眼科で行われているアイテストは、片眼ずつで行われています。まずは左眼を遮蔽し右眼の裸眼視力確認から行い、度数調整しながら完全矯正を出します。次に右眼を遮蔽し左眼も...

≫続きを読む

 

2.偏光視標の原理

2.偏光視標の原理2-1.偏光視標の種類これ以外にも偏光視標はありますが、まずは代表的なものを掲載します。個々に微妙に使用目的は違うのですが、基本的な使用方法は同じです。偏光フィルタ、または右に赤、左に緑のフィルタを通して見た時、左右別々に見ている像が、一番左のイラストのように見えていれば、潜伏性の...

≫続きを読む

 

3.斜位と基底の方向

3.斜位と基底の方向3-1.外斜位外斜位は生理的安静位の時、視線が外側を向いてしまう眼です。プリズムは光を厚い方へ曲げます。視線が外側を向いた状態で、前方を見るためにはプリズムの基底を内側にする必要があります。そこで外斜位では基底内方にします。BIとかBase Inと表示されます。3-2.内斜位内斜...

≫続きを読む

 

4.カバーアンカバーテスト

4.カバーテストとカバーアンカバーテスト4-1カバーテストカバーテストとは、片眼を遮蔽(カバー)した時に、カバーしていない反対側の片眼がどう変化(動くか動かないか)を見て、正位なのか斜視なのかを判断するテストです。使うのは遮眼子や長さ15センチ、幅5センチほどの厚紙か板です。5mの遠方を見てもらい実...

≫続きを読む

 

5.クロスリングテスト

5.クロスリングテストクロスリングテストとは別名ショーバーテストとも呼ばれます。人の名前なのでしょうか? よく分かりません。それはともかく、クロスリングテストでは潜在的な斜位と斜位の程度を確認することができます。慣れないうちは基底(Base)方向の判断が難しいのですが、自分の右眼を基準に赤い十字の方...

≫続きを読む

 

6.十字テスト

6.十字テスト斜位検査ではもっとも基本となる方法かも知れません。最初は、十字テストで斜位の方向や程度が判断できるようになれば良いと思います。ただし、クロスリングテストを併用する時は、気をつけなければならない点があります。クロスリングテストで十字(横棒)を見ているのは右眼ですが、十字テストで横棒を見て...

≫続きを読む

 

7.ワース四灯テスト

7.ワース四灯テストワース四灯テストによって融像の有無や抑制、複視の有無を調べることができます。ワース四灯テストに限りませんが、まず左眼を遮蔽して、右眼の二つの丸が見えるか確認します。次に右眼を遮蔽して菱型二つと下の丸が見えるかを確認します。この時点で見えていなければ、見えていない方の眼に抑制があり...

≫続きを読む

 

8.コの字テスト

8.コの字テスト別名不等像視テストと呼ばれます。左右の度数差が大きい場合に行います。また、上下斜位の有無を調べます。不等像視はいわゆる不同視です。左右で2.00D以上の度数差があると網膜上に映った映像の大きさが違うため融像できないとされています。融像できないということは両眼視は無理だということです。...

≫続きを読む

 

9.偏光レッド・グリーンテスト

9.偏光レッド・グリーンテスト左右に偏光フィルタを入れ、両眼の屈折状態や調節の均衡、完全矯正の誤差修正に使います。真ん中の列は両眼で見ている視標なので、右眼を確認する時は一番上の列で、左眼を確認する時は一番下の列で確認します。「色具合は関係なく、二重丸を比較して鮮明に見えるのはどちらですか?」

≫続きを読む

 

10.偏光バランステスト

10.偏光バランステスト偏光レッド・グリーンテストで問題がなければ実施しなくても良いのですが、見え方の確認をしないと不審に思うお客様もいるので行った方が良いでしょう。一番上の列と一番下の列の見え方を確認し、よく見える方の度数をプラス寄りにします。注)せいぜい1段か2段です。それ以上差が付くようなら、...

≫続きを読む

 

11.時計十字テスト

11.時計十字テスト他の十字テストやコの字テストで発見できなかった斜位が見つけられます。何よりの眼が時計方向や反時計方向に回転する回旋斜位の発見ができます。

≫続きを読む

 

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-







ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ