老眼鏡が必要な理由(近視編)

-スポンサードリンク-

7.老眼鏡が必要な理由(近視編1)

近視の人は老眼にならない。
世の中の一部の人はそう信じているようです。

 

しかし、正視の人も近視の人も個人差はあるものの
同じ人間ですから、加齢とともに調節力は衰えてきます。

 

年齢

調節力

近点距離

20歳

10D

10cm

35歳

7D

14.3cm

45歳

3D

33.3cm

55歳

2D

50cm

65歳

1D

100cm

 

眼鏡矯正で正視状態(視力1.0~1.2)なら、近視の人も正視の人同様、
明視域(遠点~近点)は遠ざかり狭まっていきます。
(近視の人は、眼鏡を掛けていれば人工的な正視状態という事です)

 

20歳の場合です。調節力は+10Dあります。

 

myopiabefore10cm

 

45歳になると調節力は+3Dになります。

 

myopiabefore33cm

 

55歳では調節力は+2Dです。

 

myopiabefore50cm

 

65歳になると調節力は+1Dになります。

 

myopiabefore100cm

 

2.老眼鏡が必要な理由(正視編)と全く同じだと分かります。

 

それでは何故、近視の人は老眼にならないと言われるのでしょうか?
それは、近視の人の中には眼鏡を外せば近くが見える人もいるからです。

 

《つづく》

 

 

 

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-






7.老眼鏡が必要な理由(近視編1)関連ページ

1.境目のない遠近両用レンズ
現在、業界内部ででは累進屈折力レンズと呼ばれているが、人口に膾炙されているとは言い難い。最初は境目のない遠近両用レンズと呼ばれていた。境目のない遠近両用レンズ。その進化の歴史。
2.老眼鏡が必要な理由(正視編)
累進屈折力レンズの歴史の前に、何故老眼鏡が必要になるのか? その理由を理論的?に記しておきたいこのサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。
3.累進レンズが必要な理由(正視編)
近くを見るには老眼鏡もあれば遠近両用もあります。なのに、何故累進屈折力レンズが必要なのでしょうか?このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。
4.二重焦点レンズEX型
累進屈折力レンズの歴史は、二重焦点レンズのEX型から始まりました。正確にはフランクリンタイプと呼ばれるレンズです。このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。
5.二重焦点レンズの進化
EX型から始まった二重焦点レンズは進化を遂げます。その進化の過程を紹介します。このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。
6.累進レンズの設計
境目のない遠近両用レンズの設計はどうなっているのでしょうか?どのようにして境目を消しているのでしょうか?このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。
8.意外と知らない累進眼鏡の視線の使い方
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは、意外と知らない、知られていない累進眼鏡の視線の使い方です。
9.累進レンズの縦幅
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは累進レンズの縦幅についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ