クロムハーツ帝国

-スポンサードリンク-

8.EYEWEAR(眼鏡)

EYEWEAR業界への進出

2002年。クロムハーツはアイウェア業界にも進出をはじめた。

 

アイウェア業界でも、クロムハーツは発展の一番の
要因となった「レザーとシルバーの融合」を追求した。

 

ハイソでラグジュアリーなモデルを次々と発表。
ここでも最初に眼を付けたのはハリウッドセレブだった。

 

何しろ、テンプル(メガネのツル、ウデの事)の外側に燦然と、
または大胆に自己主張するシルバーアクセ付きのアイウェアコレクションなのだ。

 

プロフィール(横顔)を個性的に魅せるアイテムとして、
つまり、自分を他の誰よりも目立たせるグッズとして、
ハリウッドセレブは好んで着用した。

 

こうして、クロムハーツのアイウェア はアッと言う間に
市場に出回り、アイウェアブランドとしての一等地を難なく確保した。

 

CHROME HEARTSのネームバリューに相応しい
価値を提供するメガネフレームにするために、
最大限の手間と時間が費やされた。

 

選ばれたのはどこよりも高い品質のレザー。
誰もメガネに使った事がないような高級木材。
今までのメガネの常識を覆すシルバージュエリー。

 

技術は最高品質のスタッフが集められた。

 

CHROME HEARTSは、高価なコレクションと言われる。
その理由は、しかし、珍しい素材を使っているというより、
ひとつひとつの製品を、時間を手間を掛けて作成しているからだ。

 

モチーフは、Closs Dagger(クロス・ダガー:短剣)、FLEUR(フレアー:紋章)等を
模している。しかも、純銀0.925カラットが使われている。

 

熟練の銀細工職人が集められ、細かい細工が必要な
それぞれのモチーフ独自の装飾様式に対応させている。

 

各部のパーツは鋳造の段階から手で磨かれ、最終的にはアンティーク加工が施される。

 

英語で「丹精を込める」を“give one’s whole mind to”と言うが、
文字通りクロムハーツは作る者が自らの全ての心を与える覚悟で作られている。

 

powered by amazon.co.jpクロムハーツサングラス Made in U.S.A

 

powered by amazon.co.jpクロムハーツメガネフレーム Made in U.S.A

 

Powered by amaprop.net

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-






8.EYEWEAR(眼鏡)関連ページ

1.CONCEPT(基調)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。帝国完成までの軌跡。そのコンセプトとは?
2.PROFILE(横顔)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。彼の横顔とは?
3.ADOLESCENCE(思春期)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。その思春期。
4.CHANCE MEETING(邂逅)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。皮革との出会い。
5.HISTORY(沿革)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。帝国完成までの沿革。
6.CHROMEHEARTS RISING(創業)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。創業。
7.TURNING POINT(転機)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。転機。
9.PROCESS(工程)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。眼鏡の製造工程。
10.LOVERS(信者)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。クロムハーツ眼鏡の信者。
11.MOTIF(主題)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。クロムハーツには様々なモチーフがあります。
12.EMPIRE(帝国)
シルバーアクセサリーにとどまらず、今や多種多様なアイテムを築き上げたリチャード・スターク。帝国完成。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ