カラーレンズの効果

-スポンサードリンク-

カラーレンズの効果記事一覧

1.新サンプルカラー アリアーテ トレス

1.新サンプルカラー アリアーテ トレスプラスチックレンズの染色カラーサンプルが新しくなります。その名を、arriate tr3s(アリアーテ トレス)と言います。ニコン系カラーサンプルACUTE(アキュート)とホヤ系カラーサンプルEyeveil(アイベール)が統合され、arriate(アリアーテ)...

≫続きを読む

 

2.虹は本当に七色なのか?

2.虹は本当に七色なのか?カラーレンズの効果を取り上げる前に、虹の話をしたいと思います。まだアリアーテ トレスのサンプルが届いていないのも理由です。加えて、色彩の基本を話しておかないと、このカテゴリーの内容を理解しづらいと思うからです。カラーレンズのアドバイザーは女性が多いようです。アリアーテ トレ...

≫続きを読む

 

3.色相の違いを生むもの

3.色相の違いを生むもの色相にはいろいろな色があります。赤、緑、青、シアン、マゼンタ、イエロー。色相とは色合い事です。この色相の違いを生んでいるのは何でしょうか?赤色の分光透過率曲線です。(作図が下手なのはご容赦を(笑)。赤色は、長波長の透過率が高いと分かります。逆に言えば、中波長、短波長は吸収され...

≫続きを読む

 

4.色相と分光透過率の検証

4.色相と分光透過率の検証arriate tr3sのカラーサンプルや分光透過率曲線が届いていないので、New arriateで検証してみたいと思います。中でも比較的検証しやすい、Sparking(スパークリング)カラーを採用します。フォレストグリーンの分光透過率曲線です。400nm付近や700nm付...

≫続きを読む

 

5.明度の違いを生むもの

5.明度の違いを生むもの明度と言うのは、その色の持つ明るさ、暗さの度合いです。その色の持つ白色、灰色、黒色、つまり無彩色の量です。色立体では、縦軸で表されます。ちなみに、色立体の一番外側は、純色と呼ばれます。明度が高いと白色に近づき、明度が低いと黒色に近づきます。明度を決定しているものは何でしょうか...

≫続きを読む

 

6.彩度の違いを生むもの

6.彩度の違いを生むもの彩度とは色相の鮮やかさの事です。無彩色の縦軸から離れるほど、色相は鮮明になります。逆に近づくほど色相は、鈍重または浮薄になります。彩度の違いを生んでいるのは何でしょう?長波長の透過率が高く、高低差が大きいと赤の彩度は高くなっています。長波長の透過率が低くなり、高低差が少なくな...

≫続きを読む

 

7.カラーレンズの効果

7.カラーレンズの効果今まで色の三属性(色相・明度・彩度)の話をしてきましたが、ここでカラーレンズの効果のまとめをしておきたいと思います。テラコッタブラウン50%は、短波長をカットしています。短波長は空気中の粒子に当たり散乱します。それが眩しさの原因ですが、テラコッタブラウンはその眩しさを軽減する事...

≫続きを読む

 

8.色の三原色とトーン

8.色の三原色とトーン色相・明度・彩度が色の三原色です。色相は、透過する優位な波長によって変化します。長波長(610~700nm)が優位だと透過光は赤に見えます。RBGのR(red)です。中波長(500~610nm)が優位だと透過光は緑に見えます。RBGのG(green)です。短波長(400~500...

≫続きを読む

 

9.New アリアーテのカラー効果

9.New アリアーテのカラー効果いかんせん、arriate tr3eの現物が届かない事には、解析ができません。届くまで、New Arriateの話で、時間稼ぎです(笑)。NEW arriateのパンフレットと言うかカタログには、各カラーグループのカラー効果のページがあります。スキャン精度が良くない...

≫続きを読む

 

10.クールスタイリッシュのカラー効果

10.クールスタイリッシュのカラー効果前回は、ナチュラルベーシックのカラー効果の話をしました。ニューアリアーテは、アリアーテ トレスに更新されます。だから、ナチュラルベーシックで終わりにしようと思ったのですが、他のグループカラーの説明をしておいた方が、アリアーテ トレスを理解するのに便利かと思い、そ...

≫続きを読む

 

11.エレガントスタイリッシュのカラー効果

11.エレガントスタイリッシュのカラー効果再度、4種類のカラー効果を書いておきます。①肌になじむ・目元の青味を消す。②目元の赤味を消す。③目元の黄味を消す。④目元に温かみをプラス。グレイスパープルの分光透過率は、長波長、短波長が高く、中波長が低い、典型的なパープルの波形です。グレイスパープルのカラー...

≫続きを読む

 

12.モードのカラー効果

12.モードのカラー効果4種類のカラー効果を書いておきます。①肌になじむ・目元の青味を消す。②目元の赤味を消す。③目元の黄味を消す。④目元に温かみをプラス。オペラピンクは長波長と短波長の分光透過率が高く、中波長の透過率が低くなってます。パープルの波形に近いピンク色です。どの波長も透過率が他のカラーグ...

≫続きを読む

 

13.ナチョナルベーシックのカラーコード

13.ナチョナルベーシックのカラーコード自分用のメモを兼ねて、ナチョラルベーシックの16進数とRGBのカラーコードを公開します。arriate tr3sに更新されるので、まあ、それまでのツナギみたいなものですが、カラーレンズの教育資料を作る人への参考資料になれば、と言う思いもあります。自己流ですし、...

≫続きを読む

 

14.クールスタイリッシュのカラーコード

14.クールスタイリッシュのカラーコード現在は、アリアーテ トレスで検索しても、1420件しかヒットしません。アリアーテで検索しても16,000件ですから、眼鏡屋のサンプルカラーなんて、一般の人には興味ないのですね。早速、期間限定で染色無料セールをしているお店もあって、それはそれで機を見るに敏な眼鏡...

≫続きを読む

 

15.エレガントスタイリッシュのカラーコード

15.エレガントスタイリッシュのカラーコードこのカテゴリー「カラーレンズの効果」を始めてから、人気ブログランキングの成績が良くなっています。これまでは、1位と3位の間を行ったり来たりしていたのですが、最近は1位が定席になっています。偶然かも知れませんが。さて今回は、エレガントスタイリッシュのカラーコ...

≫続きを読む

 

16.モードのカラーコード

16.モードのカラーコードMode(フランス語で流行・ファッション)と言うネーミングの通り、このカラーグループはより鮮やかでカラフルです。Mode例によって自己流なので、精度の保証は出来ませんし、モニター環境によっては、違う発色をするかも知れません。ただ、あれやこれや発色の具合を確かめているうちに、...

≫続きを読む

 

17.スパークリングのカラーコード

17.スパークリングのカラーコードスパークリングは、色味の強いファッション性の高いカラーグループです。その意味で、発色させやすいカラー群です。ただし、自己流ですので専門家から見れば笑止な完成度かも知れません。Sparkingアリアーテ トレスのカラーサンプルはまだ届いていません。一日でも早く、アリア...

≫続きを読む

 

18.ヒュー・トーン・システム

18.ヒュー・トーン・システムPCCSのヒュー・トーン・システム(Hue Tone System)とは、PCCS独自の考えで、色相とトーン = 明度(Lightnesss) + 彩度(Saturation)で色彩を分類します。縦軸に明度。横軸に彩度を取り、似たトーンのカラーを12分類し、そのグループ...

≫続きを読む

 

19.アリアーテの歴史はメイントーン変更の歴史

19.アリアーテの歴史はメイントーン変更の歴史アリアーテ(arriate)の前身、acute(アキュート)は、dull tone(ダルトーン)が中心に置かれていました。明度はmGy(メディアムグレー)とdkGy(ダークグレイ)の中間。彩度的には、低彩度と中彩度の中間の位置でした。アリアーテになると、...

≫続きを読む

 

20.ライトグレイッシュトーンの肌色

20.ライトグレイッシュトーンの肌色アリアーテ トレスのカラーサンプルは、まだ届いていません(笑)。アリアーテ トレスの案内冊子には、こう書いてあります。「日本人の肌色の多くは、ライトグレイッシュトーンを中心に明度8~6に分布しています」「色白肌は明度8、普通肌は明度7、健康肌は明度6です」ライトグ...

≫続きを読む

 

21.アリアーテトレスが染色発注のデフォルトに

21.アリアーテトレスが染色発注のデフォルトにアリアーテ トレスのカラーサンプルはまだ届きません(笑)。大分前から、11月1日(日)からだと思うが、メガネットプロにログインし、染色発注をしようとすると、アリアーテ トレスがデフォルトになっています。デフォルトになっていますから、アローボタン(▽:プル...

≫続きを読む

 

22.アリアーテ トレスのトレスって、どういう意味?

22.アリアーテ トレスのトレスって、どういう意味?名は体を表すと言うから、ネーミングは大事だと思う。で、アリアーテ トレスのトレスって、どういう意味だろう?と考えようとしたら、大分以前のアキュートとか、アイベールってどういう意味かと考えてしまった。今はなき、サンプルカラーの名前なんか、どうでも良い...

≫続きを読む

 

23.肌色研究は難しい

23.肌色研究は難しいアリアーテ トレスはまだ来ない(笑)。それまでの時間を使って、再度肌色の研究をしておこうと思ったが、やはり難しい。以下、覚書。肌色は、アンダースキンカラーと言って、血管の色が反映されているらしい。大きく、イエローベースとブルーベースに分類される。手首を見て、血管が緑色に見えたら...

≫続きを読む

 

24.肌色は差別語!?

24.肌色は差別語!?色彩の勉強を続けています。新しく本を買ったり、市立図書館へ行って、関係書籍を借りたり、ネットを検索しています。どこかのサイトで、肌色は差別用語とあったので、気になって調べてみたら、分かった事があります。現在、肌色はペールオレンジと呼ばれています。正確には、ぺんてるはペールオレン...

≫続きを読む

 

25.日本人の肌色

25.日本人の肌色日本人の肌色は、赤みの橙と黄みの橙の間になります。ところが、PCCSトーンの各グループの明度や彩度を調べると、下のイラストのように、明度位置は一致しないし、彩度も必ずしも明確化されていない事に気が付きます。この図が、トーンの「概念」と呼ばれる訳が分かった気がします。それはともかく、...

≫続きを読む

 

26.理想的な肌色

26.理想的な肌色健康的な肌色です。HVC 2.5YR 6.5 / 4.5HSV 20 37 78RGB 200 150 127理想的な肌色です。HVC 1..5YR 7.5 / 3.5HSV14 26 87RGB 222 178 164青白い肌色です。HVC 10YR 7.5 / 2.5HSV 2...

≫続きを読む

 

27.明度別ピンク系の肌色

27.明度別ピンク系の肌色明度別のピンク系肌色です。日本色研の肌色カラースケール を参考にしました。現在、旅行中なので予約投稿ですorz。 表色系変換 のできるサイトを発見しました。ご参考になれば幸いです。拡大画面にした方が使いやすいです。

≫続きを読む

 

28.明度別ナチュラル系の肌色

28.明度別ナチュラル系の肌色明度別のナチュラル系肌色です。旅行中なので予約投稿ですorz.。

≫続きを読む

 

29.明度別イエロー系の肌色

29.明度別イエロー系の肌色明度別のイエロー系肌色です。日本色研の肌色カラースケール を参考にしました。(実は、まだ届いていないので、予想ですorz) 表色系変換 のサイトも参考にしました。

≫続きを読む

 

30.アリアーテ トレスのカラーセミナー

30.アリアーテ トレスのカラーセミナーアリアーテ トレスのカラーセミナーに行ってきました。場所は新宿住友ビル、47階スカイホール1でした。3階以上はダメな高所恐怖症なので心配でしたが、幸い、このビルの特徴の一つである吹き抜けにも気が付かず、安心してセミナーを受講できました。それにしても、200m超...

≫続きを読む

 

31.三つの肌色比較

31.三つの肌色比較アリアーテ トレスの資料を読み返すと、必ずしもピンク系や、ナチュラル系、イエロー系の肌色を考慮していない訳ではないようです。「肌色はカットする円周(注:色立体の事)の位置によって微妙に赤みから黄みの差はあっても・・・」以上の記述があるからです。肌色に対するカラーレンズの効果を深め...

≫続きを読む

 

32.アリアーテトレスのシアーFを作ってみました

32.アリアーテトレスのシアーFを作ってみました試しに、アリアーテトレスのシアーFを作ってみました。画像ソフト上でも微妙に違いますが、パソコン画面でも違って見えるかも知れません。今後、肌色によってどのような混色効果になるかを見るつもりですが、多少の異同があっても、傾向は分かると思います。旧アリアーテ...

≫続きを読む

 

33.シアーFの混色効果

33.シアーFの混色効果シアーFの混色効果を試作してみました。上がピンク系肌、下がイエロー系肌です。レンズは左からフェアオークル、グロウオレンジ、トゥルーパープル、ブリーズグリーンです。ちなみに、左2列が「なじみの配色」で右2列が「きわだちの配色」とされています。レンズは左からフェアブラウン、グロウ...

≫続きを読む

 

34.アリアーテトレスのリッチGを作ってみました

34.アリアーテトレスのリッチGを作ってみました32.のシアーFよりも色が濃い分、色味はよく出ていると思います。もちろん、訪問者のパソコン環境やブラウザによっても違うと思います。発色を似せるのに時間を取られて、なかなか先へ進めません。頑張ります。

≫続きを読む

 

35.アリアーテトレスのセミナー資料に?

35.アリアーテトレスのセミナー資料に?アリアーテトレスのカラーセミナーでは、「arriate TRES GUIDE」という資料が配られました。その資料を何回か読み直したら、ふと気が付いた事があります。お持ちの方は見ていただきたいのですが、(「禁 無断複製」なのでUPしません)P13に各サンプルカラ...

≫続きを読む

 

36.リッチGの混色効果

36.リッチGの混色効果カラーの濃い方が、混色効果もはっきり出るようです。昨日、ご来店された女性のお客様は、オークル系の肌でブルー系カラーのメガネを掛けていました。赤みを帯びたアースブラウンのカラー(トレスはまだ届いていません(笑))の方が、失礼ですが健康的に見えます、と言ったところ受注になりました...

≫続きを読む

 

37.アリアーテトレス リッチGのRGB

37.アリアーテトレス リッチGのRGB色彩の勉強はほとんど独学です。発色もRGBのスライダーを適当に、と言っても大体の見当をつけて動かしながら、似ている色具合を見つけています。自己流ですから、専門家から見れば噴飯モノかも知れませんが、今回はリッチGのRGBを紹介します。管理人のようにアリアーテトレ...

≫続きを読む

 

38.レンズカラーの調和と対比

38.レンズカラーの調和と対比アリアーテトレスのセミナー資料には、上のようなイラストがあって、それでつい誤読してしまったようです。36.リッチGの混色効果でこんな事を書いてしまいました。「ところで、トレスのセミナー資料に似せて、白地と肌色の対比で描画していますが、肌に対するレンズカラーの調和と対比を...

≫続きを読む

 

39.肌色別リッチGの混色効果

39.肌色別リッチGの混色効果暇な訳ではないのですが、どうしても作りたくなり、肌色別でリッチGの混色効果を確かめてみました。違いが分かるでしょうか?

≫続きを読む

 

40.青白い肌への混色効果

40.青白い肌への混色効果日本色研の「肌色カラースケール」に、以下の記述がありました。健康的な肌 2.5YR 6.5 / 4.5理想的できれいな肌 1.5YR 7.5 / 3.5青白い肌 10YR 7.5 / 2.0青白い肌へのアリアーテトレスの混色効果に興味があったので作ってみました。

≫続きを読む

 

41.肌色別明度別のフェアオークルとグロウオレンジのリッチG

41.肌色別明度別のフェアオークルとグロウオレンジのリッチG今までは、ピンク系-ナチュラル系-オークル系と三つに分けて比較してきましたが、いまいち差異が分かりにくかったので、今回からピンク系とオークル系に二分類して表示します。向かって左がピンク系、向かって右がオークル系です。レンズはフェアオークルの...

≫続きを読む

 

42.肌色別明度別トゥルーパープルのリッチG

42.肌色別明度別トゥルーパープルのリッチGアリアーテトレスのセミナー資料では、トゥルーパープルはピンクグループです。ピンク系の肌色は、オークル系の肌色より短波長成分が多いので、混色結果はレンズカラー同様、パープルになります。オークル系の肌色はイエローベースですが、レンズカラーが中波長をカットするの...

≫続きを読む

 

43.肌色別明度別ブリーズグリーンのリッチG

43.肌色別明度別ブリーズグリーンのリッチGブリーズグリーンは、肌色から対極にあるアクセントカラー(きわだち色)です。ピンク系の肌では補色関係なので彩度が下がり赤みが消えます。イエロー(オークル)系の肌では、黄ぐすみを増す傾向があります。肌色と濃度によっては、個性的な自己演出ができます。また清涼感を...

≫続きを読む

 

44.肌色別明度別フェアブラウンのリッチG

44.肌色別明度別フェアブラウンのリッチG実際は、肌の色とレンズカラー、そして混色結果を分光透過率曲線でも表したいのです。しかし、今のところアリアーテトレスは、まだ届いていないし、果たして分光透過率曲線が同封されているかも不明です。フェアブラウンはオレンジグループで、ニュートラルカラー(なじみ色)で...

≫続きを読む

 

45.肌色別明度別グロウプラムのリッチG

45.肌色別明度別グロウプラムのリッチGグロウプラムはピンクグループで、ニュートラルカラー(なじみ色)です。ピンク系の肌では赤みが増し、健康的な発色をします。フェアブラウン同様、グレイッシュカラーなので、オークル系の肌でも色味の変化は少なくなります。

≫続きを読む

 

46.肌色別明度別トゥルーグレイのリッチG

46.肌色別明度別トゥルーグレイのリッチGトゥルーグレイは、ピンクグループでもオレンジグループでもないカラーです。セミナー資料の配色関係図でも、中央に位置しています。グレイ系のカラーは各波長の透過率がほぼ均等ですから、混色効果も肌の色味は変わらずに明度が下がります。トゥルーグレイ(真の灰色)と言うネ...

≫続きを読む

 

47.肌色別明度別ブリーズネイビーのリッチG

47.肌色別明度別ブリーズネイビーのリッチGブリーズネイビーは、セミナー資料ではピンク系ですが、肌色からは離れているアクセントカラー(きわだち色)です。アリアーテトレスは、ライトグレイッシュトーンをメイントーンにしているので、総じて彩度が低く、しかもトレーの中央横一列4色は(あれっ?セミナー資料のP...

≫続きを読む

 

48.肌色別明度別フェアマロンのリッチG

48.肌色別明度別フェアマロンのリッチGフェアマロンはオレンジグループで、ニュートラルカラー(なじみ色)です。赤みのブラウンなので、ピンク系にもオークル系にも合うカラーです。(個人的にはつまらないカラーです)目元の青み(くまや影)を消す働きがあり、血色の良い健康的な混色効果があります。肌色とレンズカ...

≫続きを読む

 

49.肌色別明度別グロウボルドーのリッチG

49.肌色別明度別グロウボルドーのリッチGグロウボルドーはニュートラルカラー(なじみ色)で、ピンクグループに属しています。glowには「輝き」「血色感」と言う意味があるように、目元に温かみを与え、健康的な印象にします。特にピンク系の肌に良く映えます。オークル系の肌では、ブラウンぽく発色します。

≫続きを読む

 

50.肌色別明度別トゥルーバイオレットのリッチG

50.肌色別明度別トゥルーバイオレットのリッチGトゥルーバイオレットは、ピンクグループに属し、アクセントカラー(きわだち色)です。肌色から少し離れているので、ほどよくきわだつカラーです。ピンク系の肌では、中波長がカットされるので、より赤紫に発色し、あたたかみとクール感が出ます。オークル系の肌でも、中...

≫続きを読む

 

51.肌色別明度別ブリーズブルーのリッチG

51.肌色別明度別ブリーズブルーのリッチGブリーズブルーはピンクグループで、アクセントカラー(きわだち色)です。肌色から離れているので、よく際立つ色です。ピンク系の肌でもオークル系の肌でも、清涼感や透明感のある発色をします。

≫続きを読む

 

52.ニュートラルカラーとはれまぶた

52.ニュートラルカラーとはれまぶたニュートラルカラーが、はれまぶたにどんな効果があるか?確かめてみました。みなさんのブラウザでは、どのように見えるでしょうか?

≫続きを読む

 

53.アクセントカラーとはれまぶた

53.アクセントカラーとはれまぶたアクセントルカラーが、はれまぶたにどんな効果があるか?確かめてみました。みなさんのブラウザでは、どのように見えるでしょうか?ところで昨日、ついにアリアーテトレスが入荷しました。分光透過率曲線も同封されていました。カラーレンズの効果も新展開します。

≫続きを読む

 

54.アリアーテトレス入荷

54.アリアーテトレス入荷アリアーテトレスのカラーサンプルが届きました。シアー Fです。早速、用意のシールを貼りました。使っていると結構バラバラにする人がいるからです。ナチョラル Gです。ナチョラル Fです。リッチ Gです。トレスコレクションです。ニューアリアーテは来年4月末までですが、年明けくらい...

≫続きを読む

 

55.アリアーテトレス トレー1列目の分光透過率曲線を解説する

55.アリアーテトレス トレー1列目の分光透過率曲線を解説フェアオークルの透過率は長波長が優位で、中波長から短波長へと緩やかなスロープのように下っています。赤を含む典型的なブラウン系統の波形です。グロウオレンジの透過率は、一見するとフェアオークルに似た波形ですが、長波長の透過率がフェアオークルより高...

≫続きを読む

 

56.アリアーテトレス トレー2列目の分光透過率曲線を解説

56.アリアーテトレス トレー2列目の分光透過率曲線を解説フェアブラウンの透過率は長波長が優位で、中波長から短波長に掛けて緩やかなスロープのように下っています。フェアオークルに似ていますが、山と谷の高低差が少ない分、彩度は低くなっています。グロウプラムの透過率は、長波長と短波長の透過率が高く、中波長...

≫続きを読む

 

57.アリアーテトレス トレー3列目の分光透過率曲線を解説

57.アリアーテトレス トレー3列目の分光透過率曲線を解説フェアマロンの透過率は、フェアオークルやフェアブラウン同様、長波長の透過率が高く、中波長から短波長に掛けて、緩やかな下り坂になっています。しかし、フェアオークルやフェアブラウンより中波長、短波長の透過率が高いので、より赤優位になっています。グ...

≫続きを読む

 

58.リッチGの分光透過率一覧

58.リッチGの分光透過率一覧アリアーテトレスのリッチG全ての分光透過率を一覧にしてみました。前回までの記事と合わせて、各々の傾向が分かると思います。記憶に間違いがなければ、アリアーテのサングラス以外のサンプルカラーは13色でした。New アリアーテでは18色。それがアリアーテトレスでは12色です。...

≫続きを読む

 

59.フェアオークルのピンク系肌への混色効果

59.フェアオークルのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがフェアオークル、青のラインが混色効果を表しています。共によく似た波形で、長波長、中波長共に透過率が下がり、短波長は特に下がります。そのため、明度は下がりますが高低差が大きくなる結果、彩度が上がるとともに、波形は赤みのブラ...

≫続きを読む

 

60.グロウオレンジのピンク系肌への混色効果

60.グロウオレンジのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがグロウオレンジ、青のラインが混色効果を表しています。グロウオレンジは暖色系のバリエーションです。フェアオークルより短波長の透過率が高いので、パープル系の波形に近づきブラウンぽい赤みになります。

≫続きを読む

 

61.トゥルーパープルのピンク系肌への混色効果

61.トゥルーパープルのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがトゥルーパープル、青のラインが混色効果を表しています。トゥルーパープルの場合、肌色の短波長をあまり下げないので、より中波長の底が深くなり、肌色に近いパープルに変化しています。独学の眼鏡色彩学?なので、精度は完全には保証...

≫続きを読む

 

62.ブリーズグリーンのピンク系肌への混色効果

62.ブリーズグリーンのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがブリーズグリーン、青のラインが混色効果を表しています。ブリーズグリーンは、アクセントカラー(きわだち色)で、オレンジグループで、寒色系のバリエーションです。レンズカラーが肌色の長波長の透過率を下げますが、中波長(500...

≫続きを読む

 

63.フェアブラウンのピンク系肌への混色効果

63.フェアブラウンのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがフェアブラウン、青のラインが混色効果を表しています。フェアブラウンは、ニュートラルカラー(なじみ色)、オレンジグループで、ブラウン系のバリエーションです。元々がブラウン系のカラーなので、混色効果はブラウンの明度が下がり、...

≫続きを読む

 

64.グロウプラムのピンク系肌への混色効果

64.グロウプラムのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがグロウプラム、青のラインが混色効果を表しています。グロウプラムは、ニュートラルカラー(なじみ色)で、ピンクグループの暖色系バリエーションです。どうもアリアーテトレス全体の傾向かも知れませんが、色味の変化があまりないようです...

≫続きを読む

 

65.トゥルーグレイのピンク系肌への混色効果

65.トゥルーグレイのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがトゥルーグレイ、青のラインが混色効果を表しています。トゥルーグレイはアクセントカラー(きわだち色)で、オレンジグループとピンクグループに対しては中立です。紫系&ニュートラルグレイに属しますが、波形を見るとややパープル系で...

≫続きを読む

 

66.ブリーズネイビーのピンク系肌への混色効果

66.ブリーズネイビーのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがブリーズネイビー、青のラインが混色効果を表しています。ブリーズネイビーは、アクセントカラー(きわだち色)で、ピンクグループの寒色系バリエーションになっています。(なぜ、このカラーがピンクグループなのか? 未解明です)ど...

≫続きを読む

 

67.フェアマロンのピンク系肌への混色効果

67.フェアマロンのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがフェアマロン、青のラインが混色効果を表しています。フェアマロンは、ニュートラルカラー(なじみ色)で、オレンジグループのブラウン系バリエーションです。長波長の透過率より中波長、短波長の透過率が大きく下がるので、赤みを帯びたブ...

≫続きを読む

 

68.グロウボルドーのピンク系肌への混色効果

68.グロウボルドーのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがグロウボルドー、青のラインが混色効果を表しています。グロウボルドーはニュートラルカラー(なじみ色)で、ピンクグループの暖色系バリエーションです。グロウボルドーはパープル系の波形なので、肌色もそのままの影響を受けて、明度の...

≫続きを読む

 

69.トゥルーバイオレットのピンク系肌への混色効果

69.トゥルーバイオレットのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがトゥルーバイオレット、青のラインが混色効果を表しています。トゥルーバイオレットはアクセントカラー(きわだち色)で、ピンクグループの紫系&ニュートラルグレーです。長波長と短波長の透過率はあまり影響を受けず、中波長の谷...

≫続きを読む

 

70.ブリーズブルーのピンク系肌への混色効果

70.ブリーズブルーのピンク系肌への混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがブリーズブルー、青のラインが混色効果を表しています。ブリーズブルーはアクセントカラー(きわだち色)で、ピンクグループの寒色系バリエーションです。今回の混色結果は、ちょっと自信が持てません。どこかで計算を間違ったのでしょう...

≫続きを読む

 

71.アリアーテトレス ピンク系肌へのすべての混色効果

71.アリアーテトレス ピンク系肌へのすべての混色効果赤のラインがピンク系肌、緑のラインがレンズカラー、青のラインが混色効果を表しています。独学の眼鏡色彩学?なので、精度は完全には保証できませんorz。

≫続きを読む

 

72.アリアーテトレス サンプルにない濃度35の作り方

72.アリアーテトレス サンプルにない濃度35の作り方濃度35の作り方フェアオークルをサンプルにします。FAOC25GとFAOC15を重ねます。濃度25と濃度15を足したら濃度40ではないのです。100%の光が濃度25%のレンズを透過すると透過光は75%になります。75%の光が濃度15%のレンズを透...

≫続きを読む

 

73.アリアーテトレス サンプルにない濃度50の作り方

73.アリアーテトレス サンプルにない濃度50の作り方濃度50の作り方フェアブラウンで説明します。FABRのすべてのサンプルを重ねます。濃度35と同じで、25+15+15+10で濃度65ではありません。100%の光が濃度25%のレンズを透過すると透過光は75%になります。75%の光が濃度15%のレン...

≫続きを読む

 

74.濃度と視感透過率

74.濃度と視感透過率アリアーテトレスのフェア、グロウ、トゥルー、ブリーズは、サンプルのある10F、15G、15F、25G以外ではサンプル外の25F、35F、50F、35G、50G、50/20Gが受注できます。アリアーテトレスのレンズカラーマニュアルを見ると、例えばフェアオークルの10Fは視感透過率...

≫続きを読む

 

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-







ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ