累進屈折力レンズ

-スポンサードリンク-

累進屈折力レンズ記事一覧

1.境目のない遠近両用レンズ

1.境目のない遠近両用レンズフランスのエシロール社が、バリラックスと言う商品名で境目のない遠近両用レンズを発売したのが1959年。何とその歴史は古く、60年近くになろうとしている。それまで、遠近両用と言えば深く段差のあったバイフォーカルか、レンズ下部に半月のような近用部のある、いわゆる境目のある遠近...

≫続きを読む

 

2.老眼鏡が必要な理由(正視編)

2.老眼鏡が必要な理由(正視編)眼の調節力は年齢と共に減衰します。資料によっても異同はありますが、管理人の記憶では・・・年齢調節力近点距離20歳10D10cm35歳7D14.3cm45歳3D33.3cm55歳2D50cm65歳1D100cm以上のようになっています。こういう公式があります。近点距離(...

≫続きを読む

 

3.累進レンズが必要な理由(正視編)

3.累進レンズが必要な理由(正視編)45歳の人が+1.00Dの老眼鏡を掛けると明視域は以下のようになります。遠点(ハッキリ見える一番遠い位置)は、100 / 1 = 100(cm)になります。(計算をしやすくするため、分子は1から100にしてあります)近点(ハッキリ見える一番近い位置)は、100 /...

≫続きを読む

 

4.二重焦点レンズEX型

4.二重焦点レンズEX型遠近両用レンズは、今ではあまり聞かれませんが、当初二重焦点(BIFOCAL)レンズと呼ばれていました。遠方を見るための遠用部の焦点と近方を見るための近用部の焦点。両方が上下に配置されていたので、そう呼ばれたのだと思います。最初に作ったのは、アメリカの独立宣言の起草者の一人、ベ...

≫続きを読む

 

5.二重焦点レンズの進化

5.二重焦点レンズの進化EX型二重焦点レンズの登場は、当時のシニア世代にとっては革新的でした。正視の人にとっては、掛け外しの手間が省けました。屈折異常のある人にとっては、掛け替えの面倒が解消できました。遠くも近くも目線の移動だけで見ることができたのです。しかし、EX型にはデメリットもありました。段差...

≫続きを読む

 

6.累進レンズの設計

6.累進レンズの設計境目のない遠近両用レンズは、累進多焦点レンズとも呼ばれていました。今から15年ほど前?に、設計上多焦点ではないという事から、累進屈折力レンズと呼ばれるようになりました。この名称が、消費者の間に広まったかと言えば、命名者の意図がどこにあれ、ノーです。今では、お客様が遠近両用レンズと...

≫続きを読む

 

7.老眼鏡が必要な理由(近視編1)

7.老眼鏡が必要な理由(近視編1)近視の人は老眼にならない。世の中の一部の人はそう信じているようです。しかし、正視の人も近視の人も個人差はあるものの同じ人間ですから、加齢とともに調節力は衰えてきます。年齢調節力近点距離20歳10D10cm35歳7D14.3cm45歳3D33.3cm55歳2D50cm...

≫続きを読む

 

8.意外と知らない累進眼鏡の視線の使い方

8.意外と知らない累進眼鏡の視線の使い方今まで累進眼鏡を使っていても、視線の使い方を意外と知らない、知られていない事に気が付きました。累進眼鏡は遠用部と呼ばれるレンズの上半分と近用部と呼ばれる下半分の間に累進帯(中間部)と呼ばれる度数が段階的に変化する部分があります。その累進帯で物を見ると、遠くもぼ...

≫続きを読む

 

9.累進レンズの縦幅

9.累進レンズの縦幅遠近(累進)のフレームは、縦幅が大きい方が良いのでしょ?未だに、そう訊いてくるお客様がいます。メーカーによって多少違いますが、A地点がアイポイントと呼ばれる地点で、B地点が近用参照円と呼ばれる、近用度数が入る場所の上端です。A地点とB地点の間を累進帯(中間部)と言います。累進レン...

≫続きを読む

 

10.累進比較サンプルの裏側

10.累進比較サンプルの裏側メーカーから送られてきた累進比較サンプルです。『「両面複合累進設計レンズ」は側方視の見え方が違う』です。実際は、これほど極端には見えません。レンズの位置が左に寄っているので、何か酷く差があるように見えてます。これが、累進比較サンプルの裏側です。格子縞の上、中空にサンプルレ...

≫続きを読む

 

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-







ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ