眼鏡ってこんなに面白いんだ!!

-スポンサードリンク-

5.乱視の定義

 

乱視には不正乱視(正)乱視があります。
不正乱視は角膜にキズ等の歪みがあり、法則性がないので眼鏡では矯正できません。
ハードコンタクトレンズを装用し、角膜とコンタクトの間に涙が入ることで凹凸を解消し、
矯正効果を得るものです。当然ですが、柔らかいソフトコンタクトレンズでは無理です。

 

乱視には法則性があります。ですから正確には正乱視と呼ぶべきですが、
通例に従ってここでは乱視と呼びます。

 

乱視眼の特徴は、最も屈折の強い方向と最も屈折の弱い方向が
90度違い(直交)だという事です。

 

5-1.近視性複性乱視

 

astigmatism

 

最も屈折の強い方向は近視。最も屈折の弱い方向も近視。
つまり「近視 + 近視」です。
なので近視性複性乱視と呼ばれます。

 

5-2.近視性単性乱視

 

astigmatism2

 

最も屈折の強い方向は近視。最も屈折の弱い方向は正視。
つまり「近視 + 正視」です。
なので近視性単性乱視と呼ばれます。

 

5-3.混合乱視

 

astigmatism3-mix

 

最も屈折の強い方向は近視。最も屈折の弱い方向は遠視。
つまり「近視 + 遠視」です。
なので混合乱視と呼ばれます。

 

MIX(ミックス)とか雑性乱視と書いてある資料もありますが、
MIXはともかく雑性乱視は使いたくない言葉です。

 

5-4.遠視性単性乱視

 

astigmatism4

 

最も屈折の強い方向は正視。最も屈折の弱い方向は遠視。
つまり「正視 + 遠視」です。
なので遠視性単性乱視と呼ばれます。

 

 

5-5.遠視性複性乱視

 

astigmatism5

 

最も屈折の強い方向は遠視。最も屈折の弱い方向も遠視。
つまり「遠視 + 遠視」です。
なので遠視性複性乱視と呼ばれます。

 

以上、五つの乱視について解説しました。
ひとつひとつ分解していけば、乱視もそれほど難しくないと思います。

 

なお、近視や遠視を含めた乱視の矯正方法については、
お隣の「度数の合わせ方」で解説します。

 

 

5-6.スターム氏円錐様体

 

これが正乱視の光線屈折模型図です。(倒乱視)

 

conoidofsturm

 

第一主経面とか第二主経面とか、いろいろな専門用語がありますが、
ここでは置いておいて屈折の強い赤方向と屈折の弱い青方向とします。

 

赤方向が交差する位置では、青方向の縦成分だけになります。前焦線と呼びます。
青方向が交差する位置では、赤方向の横成分だけになります。後焦線と呼びます。
つまり、五つの乱視の違いは網膜に対して前焦線と後焦線がどこにあるかなのです。
そして、この前焦線と後焦線の間が乱視度数です。

 

前焦線も後焦線ともに網膜より手前にあれば近視性複性乱視。
前焦線が網膜の手前。後焦線が網膜上にあれば近視性単性乱視。
前焦線が網膜の手前。後焦線が網膜の後方にあれば混合乱視。
前焦線が網膜上。後焦線が網膜の後方にあれば遠視性単性乱視。
前焦線も後焦線も網膜の後方にあれば遠視性複性乱視。

 

ちなみに、実際にこの模型図を立体的に作成し、外縁の何箇所かを
太めの輪ゴム等で囲むと以下の様なイラストになります。
(正面から模型を覗いた状態です)

 

circleofleastconfusion

 

記事タイトルはスターム氏円錐様体ですが、スターム氏円錐様体では
うまく伝えられないと気づいたので、乱視模型を援用します。
これなら直感的に分かると思います。

 

ポイントは前焦線と後焦線の「ほぼ」真ん中に焦円(最小錯乱円)ができることです。
前焦線、焦円、後焦線は乱視矯正の際の重要なポイントです。
また焦円(の位置)はクロストシリンダーテストでも大事です。

お気に召したら、励みになります、クリックをお願いします。



メガネ・サングラス ブログランキングへ



-スポンサードリンク-






5.乱視の定義関連ページ

1.眼の大きさと構造
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。まずは眼の大きさと構造のお話です。
2.正視の定義
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。今回は正視の定義です。
3.近視の定義
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。今回は近視の定義です。
4.遠視の定義
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。今回は遠視の定義です。
6.網膜像
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは網膜像の話をします。
7.近見反射
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは近見反射の話をします。
8.両眼視
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは両眼視の話をします。
9.老視
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは老視の話をします。
10.視力と度数
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは視力と度数の話をします。
11.加齢で遠視化してしまった
このサイトは役に立つ眼と眼鏡の情報を提供するポータルサイトです。対象は一般消費者、眼科助手、眼科看護師、眼鏡学校の生徒さん、眼鏡屋の新人さん、眼鏡技術初心者のみなさんです。分かりやすく、面白くてしかも役に立つと思えたら幸いです。このエントリーでは、加齢で遠視化してしまった、話です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 運営者情報・通販法に基づく表記 リンク集 サイトマップ